買う前に確認|最新不動産情報|立地というのは生活する上で重要なポイント
つみき

最新不動産情報|立地というのは生活する上で重要なポイント

買う前に確認

インテリア

街にそびえたつ、誰もが住んでみたいタワーマンション。眺めもきれいで、友人を呼んでパーティをしたら自慢になりますし、同僚をおうちにご招待してもウケが良いです。あこがれのタワーマンションを手に入れる方には必見のデメリットや注意点をお教えします。まず、タワーマンションは他のマンションよりも立地が良く今では多くの商店が同じ建物内に入っております。最近では、駅から直結出来る形のマンションとしても有名で多くの駅に隣接しております。しかし、ご存知の通り分譲マンションは早いもの勝ち。人気のマンションともなれば、とにかく早めに決断しないとすぐに埋まってしまいます。つまり、タワー物件はその肝心の眺めを観ることなく想像だけで検討しなくてはならないものがあります。購入者の体験談として良くある一つで、窓際やバルコニー、キッチンからの眺めは最高に良いです。しかし、いざ住むとそれを検討した高さの家具をそろえなくてはなりません。ローソファを雰囲気で購入しても実は座った状態では空しか目につかないことが多い。眺めを重視して購入するのであればきちんと検討して購入することが大切です。

新築マンションを購入する方は、たいてい建物が工事中の段階で契約を結びます。いわゆる「青田売り」という売買方法です。そして、カスタマイズができるのは買った後の満足度を上げる効果が働くのです。そこで、検討する場所として訪れるのがモデルルームです。購入したいマンションの模型があり立地や共用部、管理サービスなどの説明パネルや案内人がいる場所です。少なからずそこには、暮らしの空間と立地条件がクリアしていればだれでも購入しますが、建築物をみてから騙されてはいけません。モデルルームは、工事中の物件を仮説でとらえないといけないですが、想像を膨らませていざ内覧会へ向かうと、驚くことにモデルルームで想像していた心構えとは逆に、まず高層マンションならではのエントランスと、太陽の向き、床のきれいな石などの迫力間に圧倒されてしまいます。購入したのち、意外と窓の高さや子供の雰囲気などで不一致をかみしめる方が多い層です。そうならないために、モデルルームを見学する際は実物の外観見学できるタワーマンションをお勧めします。